ドイツ式フットケアで足の悩みが解消しました

私が興味を持ったのがドイツ式フットケアでした

足のトラブルに悩む日々が続いていました私が興味を持ったのがドイツ式フットケアでしたまたしばらくしたらドイツ式フットケアにお世話になろうと思っています

ただ、最後の治療のときに医師に「足を酷使する仕事のようだから、これからもこのようなイボや魚の目ができる可能性が高い」と言われてしまいました。
そこで予防法を訊ねてみたところ「フットケアをやってみたら」とのことだったので、早速インターネットで調べてみました。
すると中国式や台湾式、インド式などたくさんのフットケア方法があることを知りましたが、私が興味を持ったのがドイツ式フットケアです。
その理由は、もともとヨーロッパ発祥のドイツ式フットケアは、18世紀初頭に流行ったハイヒールによって足を痛めた人のための治療法だったからです。
詳しく調べると、かかとの高い靴を履くと足裏に必要以上の負荷がかかり、血行が悪くなることで角質層が硬く厚くなっていき、靴の摩擦などで魚の目やタコになってしまうそうです。
ドイツ式フットケアは、フットバスで足をしばらく温めた後、専用の機器で角質除去から甘皮処理、爪の形成などを行うそうで、専門のフットサロンで施術を受けることができます。
お店を探してみたところ、職場の近くにあったので早速予約を入れました。
施術当日は最初にカウンセリングがあり、足の状態を詳しく調べて具体的なケア方針が伝えられますが、私の場合は治療が完了しているため全体的なケアをする総合プランを勧められました。